被害を食い止める方法|地震を予想できるサイトに登録しよう

安全な避難の実現に

防災グッズ

地震予知は数日前または数週間前に情報を発信するサービスです。時期や場所の情報が得られるため、被災エリアを想定し、安全な避難計画に活用します。計画や訓練に活用することで、被災時には円滑な避難が実現するのです。携帯電話やタブレット端末を利用し、会員登録でフル活用できます。

必要な対策

日本列島

準備をしておく事

地震などの被害が大きくなる災害では、準備をしているのとしていないのでは大きな差が生じます。現在の科学技術では、地震の発生する場所、時間、日時、大きさを的確に言い当てる事はできません。しかし、ある程度の範囲での地震予想であれば様々な分野の科学者が発信しています。地震大国の日本は、大きな地震がいつ起きてもおかしくない状態であると言われています。このことから心配しながら生活をするのではなく、予想を心構えとして意識することが必要と思われます。日本での地震で予知が可能と思われるのは東海地震です。この地域では観測体制が常時行われて、前震が観測されればすぐに気象庁より発信されます。これ以外の地域では、観測体制がまだ十分でないことから予知としては難しい状態です。東海地震は気象庁の予想ではマグニチュード8クラスを想定しています。この地域の地震が起きた場合、太平洋沿岸の広い地域で津波が予想され、場所によっては10メートルを超える大津波も考えられています。被害予想でも建物の全壊や死者数も経済被害でも甚大なものになると思われています。東海地域での地震では、想像を超えるような甚大な被害が考えられます。離れた場所などでも何らかの影響がでると思われ、家具の固定、避難場所、食料や飲料水の保存などの用意など準備をすることが大事になります。人間の力では太刀打ちできないものですが、日頃からの心構えをすることで被害を最小限に抑える事は可能と思います。

速報で命を守る

地震

日本各地で大きな地震が起こっています。やがておこる東南海、首都直下型では多くの犠牲者や被害が予測されています。緊急地震速報などすばやい情報があれば自分だけでなく周囲の人に命や危険を守ることができます。

命を守るために出来る事

レディ

予測では関東地震はいつ起こってもおかしくない状況のため、被災した場合に命を守るために一番に何をするかイメージする事で冷静に行動する事ができます。出血した場合は患部を心臓より上にしてベルトなどで止血点を圧迫する事で大量出血を防ぎます。