被害を食い止める方法|地震を予想できるサイトに登録しよう

安全な避難の実現に

防災グッズ

情報をフル活用する

歴史の中でいくつもの大地震が記録されている日本は、現代においても大きな被害をもたらしています。日本列島は地震のもととなる4つのプレートが集まっているため、崩れやすい橋の上に立っているような状態です。しかし、運任せの考え方は過去のものであり、科学が発達した現代においては、根拠を示す予知が情報提供サービスの形で実現しているのです。予知サービスは緊急地震速報とは異なり、数日から数週間前に情報が発信されます。いつ・どこで・どのくらいという情報が含まれていますので、サービスを利用するにあたって、目的の明確化がポイントとなるでしょう。情報を得るだけで満足するのではなく、予知サービスの存在価値は、巨大地震発生時に生存確率を高める点にあるからです。地震災害は主に火災・倒壊または落下物・津波が挙げられ、エリアによってはすべてが一気に襲いかかるでしょう。そのため、まずは自宅や職場といった被災エリアのハザードマップを確認し、避難経路や集合場所、家族や同僚の連絡手段を決めておきます。最新情報を発信するのが予知サービスですので、地震が近いと判断した際、計画通りに行動できるという仕組みです。予知サービスはサイト上に情報が掲載され、メールやアプリでも知らせる機能があります。端末は専用のものではなく、携帯電話やスマートフォンとタブレットが利用可能です。無料情報も得られますが会員専用コンテンツが強力ですので、登録により機能のフル活用が可能となります。