被害を食い止める方法|地震を予想できるサイトに登録しよう

命を守るために出来る事

レディ

冷静な判断と準備

地震大国の日本は全国で大小の地震がいつ発生してもおかしくない土地のため、地震予測の技術も年々進歩しており予測の精度も上がっています。その中でも危険視されているのが、関東地震です。科学的な予測では30年以内に発生すると考えられていますが、明日にでも発生してもおかしくない状況です。関東地震が発生した場合、関東全域に震度7から6の大きな揺れに見舞われる事になります。現在でも東北のプレートの動きが活発で中規模の地震が起きており、九州地方も同様にプレートが不安定なため予測では北と南のプレートの動きによって関東地震が発生する可能性が高くなっています。関東地震で被災する可能性がある方は日頃の防災意識を高める事が重要で、いざ地震が発生した時に何をするかイメージして生活する事で冷静な判断ができます。自宅で被災した場合にはまず火の始末を最初に行い、揺れで家屋が傾き窓やドアが開かなくなる事があるため避難経路の確保をし、頭を守るためクッションや防災ヘルメットを使用します。耐震構造がされている建物の中にいる場合は、むやみに外に出ずに屋内にいた方が安全です。反対に、古い建物で倒壊の可能性がある場合は、できるだけ公園や広場、空き地など電柱が倒れてきたり頭上に看板などが落ちて来ない場所に避難します。ガラスや木材などが倒れるなどして怪我をする場合があり、出血した場合の応急処置は患部を心臓より上にする事で出血の量を少なくし大量出血を防ぎます。